痛風を予防するためには、水分摂取が不可欠です。 尿量が少ないと尿酸値が高くなるため、水分をたくさん摂って、尿の量を増やすことで、手軽に痛風予防ができます。 では、1日どのくらいの水分を摂取すれば良いのでしょうか? 痛風を予防するために必要な水分摂取量は、1日2リットルだといわれています。 2リットルと聞くと多いように思いますが、成人の方の場合だと1日2.5リットルの水分を排出しているので、決して多い量ではありません。 そして、水分補給の時に最も良いのが普通の水です。 コーラやオレンジジュースといったソフトドリンクは、カロリーが高いので水分補給には不向きですし、痛風のリスクを高める危険もあります。 お茶も良いですが、カフェインが含まれているため、大量に飲むと痛風に良くありませんから注意してください。 それに、水は一度にたくさん飲むのではなく、こまめに少しずつ飲むようにしましょう。 特に起床時、入浴前後、就寝前などには、必ず水を飲むようにしてください。 また、激しいスポーツをした後は尿酸値が上がってしまうので、スポーツ後も必ず水を飲むようにします。